永久脱毛とその脱毛の仕組みについて

永久脱毛の定義と種類について

永久脱毛と聞くと文字通り永久に毛が生えてこないものと考えてしまう人も少なくありません。ですが、一般的にいわれている永久脱毛は、その脱毛処理を行ってから1ヶ月経ったときに毛の再生率が20%以下の状態のことだといわれています。ですから、まったく毛が生えなくなるわけではなく、脱毛処理をしてもある程度は生えてくることもあり、そういう状態になっても永久脱毛をしたことになるわけです。その脱毛方法の一般的なものとしてあるのがレーザー脱毛にニードル脱毛というものがあります。この永久脱毛という言葉を使っても良いところは医療機関だけということになっているといわれていて、サロンなどでは使えない言葉だといわれています。それは、サロンなどで使用されている光脱毛は開発されてからそんなに年数が経っていないために、実際にその効力が確認されていないからだといわれています。

埋もれ毛にならない永久脱毛

それを簡単にいうと開発されてから間がなくて実績が証明されていないために、永久脱毛とはいえないということなのです。また、脱毛のなかで一番信頼性が高いといわれている方式が、ニードル式による脱毛だといわれています。ですが医療機関で主流であるのがレーザー脱毛だといわれています。

永久脱毛の仕組みについて

医療機関で受ける永久脱毛はレーザー脱毛と光脱毛にニードル脱毛がありますが、それらの脱毛をする仕組みを簡単に説明してみます。まず、ニードル脱毛による脱毛の仕組みについてですが、ニードル脱毛は毛穴にニードルと呼ばれる針を刺して電流を流して毛根などを壊して行う脱毛です。このニードル脱毛のメリットとしていわれていることが、脱毛の中で最も信頼性の高い脱毛方法ということなのです。次に、レーザー脱毛による脱毛の仕組みは、ターゲットになる場所にレーザーを照射すると、毛のメラニンと呼ばれている色素に光が作用して毛が生える役目を持つ部分を焼いて壊してしまう方法だといわれています。この方法によるメリットは短時間で処理ができるということと、ニードル脱毛に比べて痛みが少ないといわれていることです。最後に永久脱毛ではないですがサロンなどでよく聞く光脱毛という脱毛の仕組みについてです。光脱毛はカメラのストロボのような光を当てて毛根などの細胞などを破壊する方法で、レーザー脱毛とほぼ似たような原理だといわれています。この光脱毛は医師が扱うレーザー脱毛よりもパワーが抑えられたものになっているので、医師がいないサロンなどでも取り扱って良いことになっているのです。

Comments are closed.